医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.02.10

    皆さんこんにちは。

    先日の暖冬とはうって変わって、先週は本格的な寒さがやってきましたが

    体調お変わりないでしょうか。

    私は風邪予防、インフルエンザ(+新型コロナウイルス)の感染予防として鼻うがいを始めました。

    まだまだ初心者なので、うがい薬を入れると確実にむせてしまいますが、

    薬を注入したと同時に声を出しながら行うのがコツのようです。

    すごくスッキリするのでよかったら試してみてください。これからの花粉の季節にも効果があるようです:)

     

    さて、今回はある映画を紹介したいと思います。

    「プライベートライフ」という、不妊治療を続ける40代夫婦の物語です。

    アメリカで制作された映画で2018年にNetflixで公開されました。

    物語は早速、夫が妻に自己注射をするところから始まります。

    採卵はうまくいったものの移植では良い報告が聞けず・・・。

    再度自分の卵子で治療を続けていきたいと願う妻とは裏腹に、主治医から卵子提供を勧められ・・・。

     

    私はこの映画がNetflixの「まもなく配信」に入っている時から気になっており、

    配信と同時に拝見しました。日本では卵子提供は認められていないので、

    治療の方針はアメリカのそれとは異なります。

    しかし、廃棄ボックスにたまった使い捨ての注射器、親戚との食事の席での雰囲気など、細かい描写が

    不妊治療を続ける夫婦の思いだけでなく、

    そこに関わってくる親戚の思いなども手に取るように伝わってくる映画でした。

     

    私はこれほど緊張感が伝わる不妊治療の映画を今まで見たことがありませんでした。

    これから治療を行なっていく方にもお勧めしたいですが、

    不妊治療に従事する私たちこそ見なければならない映画かもしれません。

    Netflixに加入している方は是非ご覧ください。

     
     

    中嶋

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.02.10

    私は昨年の8月から、免許を取得するべく教習所に通っていました。
    今まで全く興味がなかった、というより私が運転をできる気がしなかった事と
    車がなくても交通の便がいい所に住んでいる事が多かったので、必要性を感じ
    なかったので免許を取らずに今までいました。
    ところが昨年、友人の付き合いでカートをやったのがきっかけで、取ってみよ
    うかという気になり、今の機会を逃したらもう取れないのではないかと思い
    思い切って取る事にしました。
    そして先月、無事に免許を取ることが出来ました。
    昨年中には取ろうと思って頑張っていたのですが、なかなか仕事しながらだと
    思うように予約が取れず、予定より1か月オーバーしてしまいましたが、とり
    あえず最小限の回数で取る事が出来ました。

    私は教習所に通って初めて交通ルールを勉強して、色々考えさせられました。
    車を運転する人はもちろんですが、歩行者側もルールを守らないといけない
    なと思い、教習所に通うようになってからは気をつけています。
    最近は特に無謀な運転をする自転車が多い事も、改めて感じました。
    私も学生時代は結構無茶していたんだなと、今更ながら反省したりもしました。

    私は教習所に通い始めて、今まで知らなかった事を色々学びました。
    教習所の先生が言っていましたが、最近取り締まりが厳しくなっている交通違反
    があるそうです。
    交通整理のされてない(信号のない)横断歩道の走行だそうです。
    明らかに横断する人がいない時は、そのままの速度で通行しても大丈夫ですが、
    人が横断歩道を渡ろうとしている場合は停止しなければならない。
    又、見通しが悪かったり、横断歩道を渡るのか渡らないのか明らかでない歩行者
    がいる場合は、すぐに止まれる速度で走行しなければいけないというルールです。
    私の実家の前にこのような交通整理のされていない横断歩道があるのですが、8割
    くらいの車は止まらず通過していきます。
    今まで、歩行者が待つのは普通だと思っていたのですが、実際はそうではなかった
    のだという事を初めて知りました。
    交通安全とは、車を運転する側も、歩行者側もお互いに気をつけなければ事故に
    つながってしまうのだと改めて思いました。
    一番最初に「思いやりの心を持つ・譲り合いの心をもつ」という事を授業でやりま
    したが、車を運転するにあたり本当に大切な事だと運転すればする程思いました。
    これから交通ルールを守り、思いやりと譲り合いの心をもち、安全な運転を心がけ
    たいと思います。
    思いやりの心は車の運転だけではなく、日頃から心掛け、患者様にも気持ちよく
    通院していただけるよう日々精進してまいりたいと思います。

    受付 清水



  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.02.07

    看護部では毎月1回、体外受精を初めて受けられる方への説明会を開催しています。
     
    2月は22日土曜日、10:30から約1時間程のお時間を頂き、
    採卵と移植のスケジュールの説明、採精室、ナースセンター、手術室の見学を予定しています。
     
    参加ご希望の方がいらっしゃいましたら来院時又はお電話で予約をお願いします。
    皆さまのご参加をお待ちしております。
     
    看護部 保科

     
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.02.05

    こんにちは。受付の宮崎です。
    もう2020年が明けて、2月に入りました。
    あっという間ですね…
    私はこれが今年最初のブログとなります。
    今年もどうぞ宜しくお願い致します。

    さて。
    皆様は年賀状って書いていますか?

    近年では年賀状を書かない人が増えてきて、年賀状を出さないことを「年賀状スルー」というそうです。
    私自身も学生の頃から新年の挨拶は全てSNSで済ませてしまっていて、最後に書いたのはいつだろうか…思い出す事ができません。


    そんな中、毎年必ず大学のゼミの恩師から年賀状が届いています。

    いつも年賀状が来る度に連絡はしていたのですが、ここ数年は忙しかったり、特に大きな近況の変化がない事もあり連絡をしそびれていました。
    それが少し気掛かりになっていたので、今年こそは必ず返信しようと思い、久しぶりに連絡をしました。


    私は大学時代、環境経済学のゼミに入っていました。
    そのゼミは大学内でも1、2を争うほど厳しいゼミだと言われていました。
    その理由は、幅広く経済学を学ぶので難しい議題も多く、それに加え毎週行う3時間越えのディベートと研究、プレゼン、レポートの課題もあり、中々ハードな内容だったからです。

    ですが私は経済学に興味があったのと、ディベートを通して養える論理的思考力と分析力、理解力を身につけたかったので、あえてこの厳しい道を選択しました。


    皆で20時過ぎまで研究室に残る事もあり、中にはあまりの厳しさに途中離脱してしまう学生もいました。

    卒論を書く時は研究室に通いつめ、教授の指導のもと何度練り直したかわからないくらいの修正を重ね、80ページ近くの大作の論文を書き上げる事が出来ました。


    今思い返すとよくやり遂げたなと思う程大変な事ばかりでしたが、それ以上に得るものが沢山ありました。
    特に、環境省へ訪問して環境大臣室にまで入らせて頂く事が出来たのは大変貴重な思い出です。


    そんな大変お世話になった恩師と卒業後にお酒を飲み交わした時は、感慨深いものがありました。
    今では直接お会いする機会も少なくなってしまいましたが、変わらず連絡を取り合える関係でいられるのは本当に嬉しいなと思います。


    さらに今年は、当院で出会い、個人的に親しくなった患者様からの年賀状も頂きました。
    数年前に第一子希望でいらして、二人目も当院の治療で授かりご卒業された方です。
    初めてお会いした時からずっと私の事を覚えていてくださり、本当に本当に嬉しかったです。

    私達受付は直接治療に関わる事は出来ないですが、だからこそ、窓口や電話口での対応を丁寧に、大事にしたいと思っています。

    私一個人としては、少しでもリラックスして通っていただけるように、普段なかなか言えない事も言って頂けるような関係性が作れたらいいなと思っています。
    なので、いつでも何でも気軽に話しかけてくださいね。


    改めて年賀状は、SNSでは伝わらない感覚や感情を届けてくれる、心を繋ぐツールなんだなと気付かされました。
    昔の事を思い出すきっかけとなるものだと思うので、たまには面倒くさがらず年賀状を書いてみようかなと思いました。


    受付 宮崎
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012