医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2016.12.06

    寒さも厳しくなってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

    今回は当院で実施している顕微授精法についてお話しします。当院の不妊治療説明会に出席された方は既にご存知かもしれませんが、昨年よりSpindle Localization ICSI(SL-ICSI)という手法で顕微授精を行っています。
    卵子が受精するためには、「成熟度」がとても大切です。成熟しているかどうかは、卵子細胞質の外に第一極体と呼ばれる小さな細胞が出ていることが目印になります(図1)。

    図1.卵子成熟度

    卵子が受精する際、第一極体の放出に加えて染色体が「紡錘体(spindle)」と呼ばれる構造をとることが必要です(図2)。紡錘体が形成される時間、つまり精子を受け入れる準備が完了する時間は、卵子ひとつひとつによって違ってくるのです。
    図2.SL-ICSI

    そこで特殊な光学機器を使用し、紡錘体を視認しながら顕微授精をすることで、卵子ひとつひとつの状態を把握し、受精のタイミングを正確に合わせることができます。当院ではSL-ICSIを導入し、徐々に対象者を拡げていきました。結果として、顕微授精の成功率(受精率)が、2014年では75.8%、2015年では80.5%、今年に入ってからは84.3%と、非常に良好な成績を得ることが統計学的に証明できました(図3)。

    図3.ICSI成績の推移

    このため当院では、2017年から顕微授精を全例SL-ICSIにて実施することを決定いたしました。SL-ICSIでは、専用に特殊加工を行った製品を使用することが必要となるため、顕微授精料金の改定を行います。料金改定は、2017年1月実施分からとなりますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    詳細は料金表をご覧ください。

    卵子の状態をしっかりと見極め、よりよい治療成績の医療を皆様に提供していけるよう、培養室一同は日々努力を積み重ねて参ります。

    培養室室長 河野 博臣

     
     
     
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012