医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2016.12.17

    保険診療時、保険適用外の治療(採血、検査、薬の処方等)を行った場合、
    保険診療と自費診療の混合診療が認められていないため、
    自費会計分を持ち越しとさせていただいております。

    当日発生しました未収金の詳細は、
    会計時にお渡しする“未収金のご案内”に記載しております。
    ご確認くださいませ。

    未収金は、次回以降の自費診療会計時に精算させていただいておりますが、
    しばらくご受診の予定のない場合や、
    未収金が高額になり早めの精算をご希望の場合は、
    後日別途未収金のみの請求書を作成し、精算することも可能です。

    なお、請求書の作成には期間を数日いただいておりますので、
    お早めにお申し付けくださいませ。

    また、半年以上ご来院がない方で、持ち越しの未収金がある場合、
    請求書を送付し精算させていただく場合がございます。
    ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

    ご不明な点がありましたら、受付へお尋ねくださいませ。
    よろしくお願い申し上げます。

    受付 中西
  • カテゴリー:研究内容

    2016.12.15

    今年も残りわずかとなって参りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
    高度生殖医療研究所の中田です。
    突然ですが、技術的な話から始めさせていただきます。昨年から精子の解析の研究を始めていますが、解析の際には、精子をスライドガラスの上に張り付けて、何度か決まった温度条件と決まった時間に染色するための液体に漬け、染色液を垂らし、その上にカバーガラスをかけ、カバーガラスの端をマニキュアで封入する、という作業があります。
    これらのいくつかの工程でひとつでも間違えてしまうと、精子を綺麗に染色することができず、解析もできないということになり、私にとってはとてもとても苦手な分野でした。大学の時には技術的には習ってはいても、自ら進んでやるよりも得意なヒトにやってもらった方がいいとずっと思っていました。
    でも、苦手と言っていても、何一つ先に進むことはできません。その中で、染色するということを思った時に、染物師になった気分になればいい、と思うことにしました。
    気分になるには染物師にはどんな人がいるのだろう?と調べた時に、出会ったのが、長谷川等伯でした。(私は目標というか、自分がこの人だったらどうするかな?と思うことを大事にしています、めんどくさい人間ですね)
    長谷川等伯、皆さんはご存知でしょうか?狩野永徳はご存知の方もいらっしゃるかもしれません。狩野永徳は織田信長や豊臣秀吉から依頼されて、安土城や伏見城の絵を描いた絵師です。山本兼一さんの本で狩野永徳を読み、直木賞を受賞した安部龍太郎さんの本で長谷川等伯を読みました。狩野永徳は京都で活躍する狩野派の棟梁かつ天才的な絵師であり、長谷川等伯は能登出身で元は武士でありながら、次男に生まれたため、染物師の家に婿に入った染物師でした。等伯は永徳を尊敬しつつもライバル心を燃やし、能登を出て、京都に行き、千利休からの依頼を受けて絵師の才能を発揮し始めます。永徳は等伯の絵を見て、その才能を恐れるようになり、という、絵師の世界での競争がありました。安土桃山時代の絵が今でもたくさんの人の目に触れるのは、二人の天才による良いものを作ろうという熱い思いが繋がっているのかもしれません。
    一方で、私の話に戻りますが、染物師と絵師による熱い戦いとはかけ離れたところにいて、論文のような綺麗な画像がなかなか撮影できません。その中で、共同研究の先生や顕微鏡の営業の方にいろいろと教えていただいて、綺麗な画像がなんとか撮影できるようになりました。
    最近では苦手な解析の技術を使って、新しい別の研究を行うこともできるようになり、最近少しずつ結果が出てきています。
    たぶん、誰にでも得意不得意があって、こんなことは自分には無理かもしれない、と思うこともあると思います。自分ができないことを人ができるとすごいなと思うけれど、それは逆に、相手も思っていることなのかもしれないです。でも、できない、無理、と思うのは、自分次第なのかもしれません。やってみたら、面白いこと、考え方が変わること、たくさんあるのかもしれないですね。
    苦手な部分や自分の欠点をどう克服するか、負けたくないというライバルがいるか、というのは、良いものを作ろうとするときにとても大事だなと思いました。
    来年もまた新しい実験結果を出せるように頑張っていきたいと思います。少し早いですが、皆様もどうぞ良い年をお迎えください、
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2016.12.13

    こんにちは。

    今年も残すところ2週間余りとなりました。
    今年一年を振り返り、向上すべき点や来年の抱負について考え、新たな一年を迎えたいと思います。


    さて、当院ではさまざまなボランティア活動をおこなっておりますが、今回はワールド・ビジョンのチャイルドスポンサーシップについてご紹介いたします。
    既に院長や他のスタッフからもブログでご紹介しておりますがこのチャイルドスポンサーシップは、支援する子どもを決め、その子どもが生活する地域の開発・保健衛生・教育などの支援をサポートするものです。一時的な支援ではなく、その子どもがある程度の年齢になり、支援の必要がなくなるまで継続するという長期に亘る支援活動です。
    私も一人の男の子を選び、手紙で交流をとっています。
    現代のコミュニケーションはメールやSNSなどが主流で、言葉を伝えることに時間がかからなくなっている中、手紙を書くというやりとりはとても新鮮です。彼は家族構成や好きな食べ物、得意な授業や将来の夢などを手紙で伝えてくれます。子どもらしい文章がとてもかわいらしいです。
    手紙には必ず感謝の言葉が書かれており、早く返事を書こうという気持ちになります。

    この支援に参加することで、自分自身も何かを得られるような気がします。
    彼の成長を楽しみに、交流を続けていきたいと思います。


    小川
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2016.12.09

    こんにちは。

    11月も終わり2016年も残りわずかとなりました。一段と冬らしくなり、気温もグッと下がってきましたが体調崩されてないでしょうか。先日の54年ぶりの積雪には驚きましたね。藤沢でもうっすら積もり、興奮して思わず写真を撮ってしまいましたが、今冬はどうなってしまうのだろうと少し心配になりました。私はコートにマフラーは必須で、もう少しで耳あてがデビューするところです。

    さて先日、活性酸素と不妊治療に関するセミナーに参加してきましたので、その内容を少しお伝えしたいと思います。 まず、活性酸素とは簡単に言うと毒性の高い酸素分子の総称で、“活性酸素種”と言うこともあります。活性酸素としてよく登場するのが、スーパーオキシドやヒドロキシラジカル、過酸化水素です。この毒性の高い活性酸素ですが、体内では様々な場所で日常茶飯事的に作られています。特にミトコンドリア内で行われる呼吸では、酸素分子の1〜3%が活性酸素として必然的に作られます。

    一方、活性酸素が体内で害を及ぼさないように活性酸素を消去するシステムも体内には備わっています。これが抗酸化システムです。そして、この抗酸化システムと活性酸素発生のバランスが崩れ活性酸素優位の状態がいわゆる酸化ストレスとなります。

    酸化ストレスは(血中の活性酸素値は)、加齢とともに上昇していきますが、喫煙やアルコール摂取、メンタル的なストレスでも上昇していきます。生活習慣病(糖尿病や高血圧など)は酸化ストレスが原因とされています。今回のセミナーでは内科医の先生もご講演されていましたが、実際にBMIが高い方や血圧が高い方、糖尿病の方は抗酸化力が低いというデータを示されていました。

    酸化ストレスは卵子や精子にも影響を与えます。抗酸化システムが活性酸素を処理し切れなくなると、活性酸素はミトコンドリアから漏れ出て細胞に障害を与えるとされています。これは卵子や精子においても例外ではなく、活性酸素が卵子の質の低下を招き受精障害や成熟障害などの原因になると考えられています。つまり、活性酸素は細胞レベルで傷害を招き様々な疾患の原因になっていると考えることができます。

    そこで、抗酸化力を高める方法として、今すぐ始められることは抗酸化物質を取る+習慣的な運動をするということであると内科医の先生はじめ不妊治療専門の先生方も仰っていました。抗酸化物質はビタミンC・E、魚などに含まれるDHA、ポリフェノールなどです。習慣的な運動とは、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動(30分以上/回、週3回)が効果的とのことでした。メカニズムが難しいので省きますが、抗酸化物質の摂取のみでは効果はあまりなく、運動を一緒に行うことで抗酸化力を高めることが期待できます。

    活性酸素=有害物質と捉えがちですが、特に細菌やウイルスからの生体防御において役立っています。しかし、抗酸化システムとの均衡が保たれない場合、活性酸素は有害物質として体内に影響を及ぼします。酸化ストレスが原因となる生活習慣病を予防する上でも、抗酸化力を高める方法を実践してみてはいかがでしょうか。

     

    培養部 中嶋

PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012