医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:研究内容

    2019.02.11

    春一番が吹き、梅の花の香りがする頃となりましたが、雪の予報、という冬と春の境を行ったり来たりのこの頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

    高度生殖医療研究所の中田です。

    私は小学校に上がる前、祖父母と暮らしていたのですが、犬好きな祖父が薩摩ビーグルを飼っていました。常に犬が家に何頭もいた中に、「ベル」という繁殖犬をリタイアした雌犬がいました。ベルの産んだ子犬たちは足が長く、姿もとても綺麗で、賢い犬が多かったため、ベルの子犬たちをたくさん購入した祖父が、べルの老後はうちでみたいと言ってブリーダーからいただいてきたようでした。ベルからみるとまだ3~5歳の頃の私は、子犬と同じに見えたのかもしれません。祖母がベルのリードを持ち、私も一緒に散歩に行くと、私が側溝にはまらないようにとベルが目を光らせ、私が落ちそうになると加えて道に戻し、ベルが代わりに側溝にはまったり、ということが何度もありました。私が雪遊びに夢中になると足を寒そうにぶるぶるさせながらも待っていてくれたり、どんぐり拾いに夢中になると、拾い終わるまで側で待っていてくれたりと、私は祖母とベルという1人と1匹のおばあちゃんがいたように思います。ベルには間違いなく私の言葉や気持ちが通じている、そんな気持ちはムツゴロウさんと同じじゃないかと思われ、子供心にも自慢でした。ところが、ある日、祖母と私が買い物に行く前に、ベルに「行ってきます」と声をかけると、いつもは「いってらっしゃい。気を付けてね。」というように、見送ってくれるのですが、その日はじっと私たちを見つめて、尻尾を少しふるだけでした。買い物から帰ると、ベルは小屋の前で倒れるように横たわっていて、私がベルの体を揺さぶって、「ベル寝ちゃったの?帰ってきたよ?」と話しかけてもびくとも動いてくれず、祖母に「ベルが寝ちゃって起きない。」と伝えに行きました。祖母は速足でベルのところに行くと、「くみ、こっちにきちゃダメ!」と厳しく言われました。泣きながら、ベルを抱きかかえる祖母の様子を見ていても、その時の私には「ベルの死」というものを理解できてはいませんでした。どこからか、男の人たちが来て、ベルを箱に入れて連れて行ってしまうのを見て「ベルを連れて行かないで。」と泣きながら怒ったのを覚えています。ベルがいなくなってから、祖母と私の二人の散歩になり、祖母は「もう犬は嫌だ。」と言って涙ぐんでいました。ずいぶん後からわかったことですが、祖母はベルを動物慰霊のお墓に入れてもらうように手配したようでした。私はベルによって「死」というものを初めて教えられたのでした。それから、犬を1匹、猫を1匹、小学生、中学生の頃に飼いましたが、大人になってからは飼うことができずにいました。

    しかし、去年、どうしても犬が欲しくなり、「ベル」を求めて薩摩ビーグルのブリーダーさんに連絡をしました。でも、今はとても数が少なくなった薩摩ビーグルがすぐに手に入るわけもなく、しぶしぶ諦めました。その頃に、ちょうどペットショップで子犬に出会いました。私とその子はガラス越しにじっと見つめ合っていましたが、その日はそのまま帰りました。でも、その子犬が気になって気になって仕方なくなり、毎日そのペットショップの犬の写真を見ていました。あの子犬はまだ飼い主さんが決まっていないようだ、今日も元気なようだ、と確認して、少し安心しては、また気になって写真をみてしまう、という日を繰り返し、ある日とうとう、その子犬を家族には秘密で買って帰ってしまいました。背中に豆のような模様のある、体全体的には白い色の多いジャックラッセルテリアです。薩摩ビーグルにどこか似た感じのする犬ですが、名前を「大福」と名付けました。「ベル」と違って、活動的でとてもやんちゃな彼ですが、私のとても大切な存在となっています。

    犬とは本当に不思議な存在ですね。大福が私のことを力いっぱい体いっぱいで愛情を示してくれて、大福を抱きしめたり、遊んだり、なでているだけでも、とても気持ちが和みます。

    デスクワークに疲れた時、悲しい気持ちになった時、私のことを首をかしげながら見ていて顔をなめてくれる大福。やはりこんな時には「ベル」を思い出さずにはいられません。私は「ベル」に出会えていなかったら、大福に出会うこともなかったかもしれません。

    犬との出会いだけでなく、ヒトとの出会い、実験との出会い、旅先でのヒトや景色との出会い、どれひとつとってもそれぞれが糸のようにつながって、かけがえのない出会いになるかもしれないなと改めて思います。

    長々と私の犬との出会いの話をしてしまいましたが、今年もアジア生殖医学会で2題の発表が決まり、香港に行く予定です。どんな出会いがあるか楽しみにしています。また、今年から始めた、私の新たな「精子の実験」。これも素敵な出会いを招いてくれそうです。出会いから出会いが生まれる、というところが、生殖医療研究の素晴らしいところではないかと思います。

    皆様が新しい命と出会えるように、ひとつひとつ素敵な出会いの糸を紡ぎながら、頑張っていきたいなと思います。

    写真は生後4か月の時の大福です。叱られるとソファーの下に逃げ込んでいました。でも今はもう体が大きくなってここには入らなくなってしまいました。。。
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012