医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2019.12.14

    先週、久しぶりに箱根へ行ってきました。

    台風19号の影響で未だ交通機関に影響が残っていましたが、紅葉シーズンという事もあり、観光客で大変賑わっていました。

    都内を出発し、箱根湯本に到着したのはお昼頃。
    到着してすぐランチをしようと、箱根湯本で人気のお店「はつ花そば」へ向かいました。

    さすがは人気店、かなり行列が出来ており混雑していました。



    こちらが頂いたせいろそば。
    お蕎麦の香りも良く、自然薯も濃厚でとても美味しかったです。


    その後は箱根湯本駅周辺を散策しました。


    箱根まんじゅうを食べたり、干物屋さんで干物を焼いて試食してみたり、蒲鉾を食べたり、、お腹いっぱいで気持ち悪くなる位食べ歩きました。笑
    食べ歩いた後はお天気がとても良かったので、近くの川沿いをお散歩しました。
    箱根の山々が綺麗で、空気も澄んでいてとても気持ち良かったです。

    その後は宿へ行き、ゆっくりと温泉を堪能しました。
    朝風呂にも入り、心も体もリフレッシュすることが出来ました。


    2日目は強羅〜大涌谷へ行きました。
    ケーブルカーからはこのような紅葉を楽しむことが出来ました。


    青い空に紅葉が映え、木々の間から差し込む木漏れ日も優しく、とても綺麗な景色が広がっていました。


    その後はロープーウェイに乗り換えて大涌谷へ。


    大涌谷へ行くまでの間には地上から約130mの谷を越える箇所があり、眼下に谷底が広がります。硫黄の匂いもするし、白い噴煙もゴンドラまで立ち上っていて非常に迫力がありました。


    風が強くてあまり長居は出来ませんでしたが、大涌谷名物の黒たまごも食べることが出来ました。
    これで私は寿命が21年延びました^^♪笑。

    その後も箱根の町をのんびり散策し、1泊2日の箱根の旅を終えました。
    温泉は本当にリフレッシュ出来る場所ですよね。またどこかの温泉地へ出かけたいなぁと考えています。


    受付 宮崎
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2019.12.07

    こんにちは。

    気がつけば12月に入り、今年も残り3週間と数日になりましたね。

    毎日のように、「月日が経つのが早い」と、みんなで会話しています。



    受付の今年1年を振り返ると、春には予約システムの導入、そして新しい仲間が増え、

    秋には増税がありその対応であれこれしているうちにあっっという間に1年が終わろうとしている印象です。



    来年はどんな1年になるのでしょうか。

    決まった時はまだまだ先だと思っていたオリンピックもありますし、

    きっとまたあっという間の1年になりそうです。



    毎日がどんどん過ぎていってしまうので、1日1日ていねいに過ごしていきたいなと、

    この頃改めて思っています。


    来年も患者さまのお役に立てるよう頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。




    最後に年末年始のお休みについてです。


    年末最後の診療は12月31日で、午前診療のみとなります。

    新年は6日より診療開始となります。

    1月6日以降のご予約はWEBからお取りくださいませ。

    休診期間中はお電話、メールでのお問い合わせもお休みさせていただきます。

    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。


    受付 八代



  • カテゴリー:YSYCの日常

    2019.12.07

    朝の冷え込みが厳しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。培養室の河野です。

    先月も顕微授精の受精率が90%を超え、培養成績も非常に良好な状態を維持できております。当院では、患者様同士が不妊治療における様々な悩みを共有する「おしゃべり会」というイベントを、NPO法人Fineと当院研究室長が中心となり不定期に開催しております。私が最初に携わったおしゃべり会は2015年になります。おしゃべり会の前半では、患者様同士にお話をしていただき、交流していただきます。その後は培養士、看護師が質疑応答の対応をする流れです。2015年のおしゃべり会に参加して以来、当院に通い続けてくださったある患者様が、先日めでたくご卒業されました。年齢的に非常に厳しい条件で、採卵・培養とも難渋しておりました。患者様ご夫婦の卵子、精子の状態についてお話する時間を持ちながら、治療の結果をひとつひとつ理解し受け止めていただき、根気強く通い続けてくださった頑張りが実った素晴らしい出来事でした。

    先日神戸国際会議場にて開催された、第64回日本生殖医学会に参加してきました。大会長の岡田先生は男性不妊の治療において日本を代表する先生であり、男性不妊・精子関連の演題が多く発表されていました。今回の培養室からの発表ですが、これまでに他の医療機関で使用が認められた培養dish管理素材の、安全性検証試験の結果を報告してきました。今回の検証に全面的にご協力いただいた、鹿児島県の松田ウイメンズクリニックとの共同発表という形で発表を行いました。発表終了後に他施設の培養士の方々からいくつも質問をいただき、私が理解している範囲のアドバイスを提供させていただきました。培養環境の改善に当院が開発した「Gas-nil」が有効であることは間違いないのですが、ラベルではカバーできない場面もあり、まだまだ安全な素材の開拓が必要です。他業種の方々とのコネクションを広げていかなければならないと考えております。

    2019.12.7BLG用

     
  • カテゴリー:研究内容

    2019.12.02

    皆様はいかがお過ごしでしょうか?高度生殖医療研究所室長の中田です。

    生殖医学会では、当院で進めている「MAYU」の精子凍結から、がん患者さんの精巣組織凍結についてシンポジストとして発表させていただき、一般演題からは、電磁波は精子に与える影響を実験した結果を報告させていただきました。私をシンポジストとしてお招きいただき、とても有難く思いました。

     
    私は自分を奮い立たせるために今回も新しいチャイナドレスで発表させていただきましたが、チャイナドレスで発表を始めてしたころと比べ、「中田さんに良く似合っている」というコメントをいただくようになりました。ほかの施設にお伺いすると、「あー、あのチャイナドレスのヒトね。」と言われたり、「あんなドレスで発表するのだから、ちょっとまともじゃない人かと思ったけれど、お話してみるとものすごく真剣な人なんですね。」とダイレクトに言われてきました。目立つためというより、自分の好きな服が少しでも話題になるというのはやる気が出ていいものだな、とおもいます。

     
    ヒトは見た目が9割というのはそうなのかもしれません。今ではあの人は中田さんだ、という認識をもっていただけたことや、学会の大会長や他の先生方にもよく似あっているよ、と言われることが嬉しいです。

     
    ちなみにヨーロッパやアジアの国際学会でも発表はチャイナドレスなので、時々、同じ中国のヒトに思われたのか中国の方に話しかけられたりもします。

     
    実は、私のチャイナドレスのルーツは、大学院生の頃にお会いした先生の影響です。

    アロハシャツ、どこかの部族のような鳥の羽根のついた帽子で、座長をきりっと進められたり、キレキレの英語で仕事されているのをみていて、いつか自分もあんな風になりたいなと思いました。

    職場の同僚にしたら不思議なものかもしれませんが、私が発表のステージで一番テンションが上がる衣装だから、というと理解を得られたらいいなと思います。(先のブログにありますが、受付の松浦に私のことを褒めてもらえて、とてもうれしかったです。)

     
    また、精子を電磁波から守り、いい状態に精子を維持できる容器、アイギス(Aegis)、戦いの女神の縦という意味ですが、これからトライアルを開始していきます。

    ご興味のある方は、医師やナースに確認していただければとおもいます。

    写真は今回の生殖医学会の大会長である岡田先生とのものです。会長招宴というシンポジストが呼ばれる晩餐会で撮影していただきました。学会発表もほぼ同じ感じのチャイナドレスでしています。

PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012