医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

カテゴリー:YSYCの日常

2021.07.31

最高のデトックス!
こんにちは。受付野尻です。

 
みなさんは東京オリンピックを観戦していますか?

 
コロナ禍での開催で正直心から楽しい!思いっきり応援したい!とはならなかったのですが、

それとは裏腹にやっぱりスポーツは勝っても負けても感動の嵐。涙涙ですね!

 
選手本人のがんばりはもちろん、周りの人たちのサポートやそこに至るまでの背景に、

勝手に思いをはせて涙するというのが私の楽しみ方なのです。

 
今回は、はじめてオリンピック競技となったサーフィン。都築有夢路選手のお話です。

 
私がかつてサーフィンにどっぷりハマっていたことは、いまや誰も信じてもらえないでしょうが、

実は全日本選手権に出場したり、上達のためにジャッジの資格を取っていたと言えば、少しは納得して頂けるでしょうか。

(ちなみに、上手いかどうかは別物ですよ)

 
当時生活の中心がすべてサーフィンだったので、海であむろちゃん兄妹と顔をあわせることも多くありました。

まだ彼女は小学生か中学生で、海に入っている女の子のなかでは一番最年少の子でした。

お兄ちゃんともとても仲良しで、二人ともとても礼儀正しくてついつい目で追ってしまうのでした。

彼女たちはスーパーキッズと呼ばれ、大人たちが必死になっても乗れない波を、身軽な彼女たちはいとも簡単にひょいっと乗ってしまうのです。

大したことのない波でもバシバシ技を決めていきます。

 
 
彼女がプロ試験に合格した頃、ちょうどお母さんとお話する機会がありました。

「あむろちゃんすごいですね」と言うと、

「楽しませてもらっています」と話すお母さんの言葉が印象的でした。

その頃には、世界の海へ遠征にでていたあむろちゃん。

日本の波とは桁違いにパワフルで、日本のようには環境も整っていないような場所での生活。

「春からJKですよ」と話すお母さん。

いろんな思いもあるでしょうに、そう言えるお母さんはすごいな、尊敬するなと今でも思い返して思うのです。

 
画面越しにリアルタイムで応援することができた準決勝と3位決定戦。

準決勝で惜しくも負けてしまったあと、思ったそう。

「日本の台風は私が一番知っている!」

最後の最後まで勝敗が分からず、メダルが決まったときの最高の笑顔。

あのキュートな笑顔はずっと変わらないなぁと思うと、涙がとまらなくなりました。

 
 
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012