医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:研究内容

    2020.12.11

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    先日、今年の初めから取り組んできたプロジェクトを論文にまとめ、とある学術誌へ投稿しました。一区切りがついてホッとするのも束の間、受理されるまでは試練の日々が続くことになります。そんなことはしばし忘れて、今回は少しだけ「研究」という仕事についてご紹介したいと思います。

     
    私の勝手なイメージですが、研究というのは暗闇の迷路を手探りでゴールを目指すようなものだと思っています。迷路の長さや複雑さは研究内容によって異なりますが、自分の目指すゴールにはまだ誰も辿り着いていないことが必要条件です。研究の世界では二番煎じはただの追試にすぎず、全く意味がありません。そして、同じゴールを目指しているライバルに負けないように一番でゴールに辿り着く必要もあります。そのように過酷な暗闇迷路に何の装備も持たぬまま挑むのはあまりに無謀すぎるので、研究者を志す人々は大学等の教育機関で事前準備をする必要があるわけです。大学の学部生を終えて入手できるのはせいぜい懐中電灯くらいでしょうか。これで自分の足元くらいは照らせます。大学院の修士課程を終えると方位磁針が入手でき、方向感覚が得られます。そして博士の学位を取得してようやく白地図の作り方を習得し、道筋をある程度考えられるようになります。しかしながら、この装備だけでゴールに辿り着くのはまだまだ困難です。そこで重要になるのが、先人達が冒険した記録である論文です。先人達が残した様々な情報を自分の白地図に書き加え、自分なりの道筋を明らかにして対策を練ります。もちろん引き続き修行も必要で、経験値と装備を増やしながらレベルアップしていきます。時には自分が持っていないアイテムや情報を有する仲間の助けを借り、ゴールを目指して四苦八苦しながら前人未踏の道を進みます。ゴールまで辿り着けずに途中でリタイアなんてこともしばしばですが、経験を重ねるごとにゴールへ辿り着く確実性は徐々に上がっていき、最短経路で且つスマートにゴールへ到達する術が身に付いてきます。こうして苦心の末にゴールへ辿り着いた瞬間というのは本当に格別です。まだ誰も見たことのない景色を世界で初めて自分が目にすることができるわけですから、これこそ研究者冥利に尽きると言いますか、その感覚を一度味わってしまうと抜けられなくなってしまいます。おそらく研究者はこの経験が忘れられないから、どんなに過酷な道であっても何度でも頑張れるのだろうと思います。

     
    さて、冒頭の論文の話ですが、上記のように論文を書くことは研究者にとって非常に重要な仕事の一つです。私は生殖医療分野の研究をテーマにしているわけですが、もし私の研究が皆さんの治療に直接的には役立たなかったとしても、他の研究者が私の論文を参考にして新たな治療法や診断法を確立してくれるかもしれません。まるでバトンリレーのようですね。そして良い論文というのは多くの研究者に引用され、後世にまで残っていきます。自分の仕事を形にして後世に残すことができるというのも研究者の醍醐味の一つであります。

     
    いかがだったでしょうか。私の個人的なイメージで研究という仕事を抽象的に紹介させて頂きました。国内のプライベートクリニックにおいて本格的な研究ができる施設は限られていますが、山下湘南夢クリニックには恵まれた研究環境が整っています。そして臨床と基礎研究の両方の視点を持てるということが当院の大きな強みです。当院の研究成果が生殖医療の発展に貢献し、皆様の笑顔に繋がることを期待しつつ、これからも研究に励んで良い仕事をしていく所存です。
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.11.04

    肌寒さを感じる日が多くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    新型コロナの影響により、今年に入ってからは各学会が軒並みオンライン開催となっています。先月、第38回受精着床学会がオンデマンド配信により開催され、当院からは『Conventional-IVFによる受精の有無の短時間確認とRescue-ICSIを併用する有用性の検討』の内容を発表いたしました。

    当培養室ではICSIはもちろん、特にRescue-ICSIを得意技術としております。Rescue-ICSIとは、Conventional-IVF(ふりかけ法)で受精しなかった卵子を受精させる技術です。体外受精治療を初めて受けられる患者さまは、ふりかけ法で受精しない(受精障害)可能性を心配されている方も多いと思います。当院ではふりかけ法に積極的にチャレンジしていただける環境を整えており、安定して良好な成績を維持できております。学会開催中、当院の発表した内容・成績について、複数の施設から評価をいただきました。少しでも多くの患者様の力になることを願っています。

    今年に入り、休日は自宅で過ごすことが多くなりました。私は2年ほど前から熱帯魚の飼育を始めましたが、最近、少し手の込んだ水槽を作成しようと試みました。生体を飼育している水槽では、後付けで水草を繁茂させることが難しいとされています。魚が泳ぐことで水流が発生したり土を巻き上げて餌を探したりするため、根付く前に水草が浮いてしまうからです。そこで水草を豊富に繁茂させる方法の一つである、『ミスト法』に挑戦してみました。湿らせた土に水草を植え、水槽をサランラップで包み、霧吹きで湿度を高く保ち温室のような環境を作り、水草を根付かせる方法です。2ヶ月ほど時間をかけましたが、先日やっと生体の飼育を開始できました。水草が生茂る水槽の中を小魚が泳ぐ姿は、いつまでも見ていて飽きません。機会があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

    培養部 河野 博臣

     
     
    ①9月初旬に水草を購入。水草の層に厚みを持たせるため、『グロッソスティグマ』という種類の水草を選択しました。

     
     
    ②培養した水草なので、寒天に生えています。カビが生えないよう寒天をきれいに取り除き、小さな束をたくさん作ります。

     
     
    ③田んぼに稲を植えるイメージで、水草の束を土に植えます。

     
     
    ④株分けをしつつ霧吹きで水をやりつつ、30日後の状態です。水草の背が高くなり、横にも広がり始めました。

     
     
    ⑤さらに霧吹きで水やりを続けて40日後です。水草が急激に横に広がり始めました。

     
     
    ⑥開始から50日後。フサフサです。

     
     
    ⑦土の中でしっかり根を張りました。

     
     
    ⑧開始から60日。注水し、生体を入れてみました。2年間飼い続けているカージナルテトラですが、これまでより生き生きと泳いでいる・・・気がします。木化石と水草のコントラストも綺麗に仕上がりました。
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.09.12

    残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    2020年7月1日より稼働を開始いたしましたTime lapse incubator『Embryoscope Flex』ですが、現在まで非常にご好評をいただいており、良好な成績が得られております。
    これまで、ご希望頂いた患者さまには、培養胚の受精から培養終了までの成長動画をUSB flashメモリに保存し、お渡ししてきました。しかしながら、家に持ち帰って動画をご覧いただいた患者さまより、「動画を見ても良好な胚なのかそうでないのかがわからない」「何が起こっているのか詳しく説明をいただきたい」というご意見を頂戴いたしました。

    そこでEmbryoscope Flexをご利用いただいた患者さまへ、当院培養士より胚の成長の様子について解説をさせていただく機会が必要であると考えました。
    手探りの状態ですので、少しお待ちいただく時間があるかもしれませんが、2020年9月14日(月)から下記の時間帯で設定させていただきます。

     
    【Embryoscope Flexの動画解説について】
    1. 対応時間:平日および土曜日の12:30
    2. 申込方法:当院代表番号 0466-55-5011へ必ずお電話にてご予約下さい。インターネットからのご予約は受け付けられないため、ご了承ください。
    3. その他:採卵および胚移植を実施される予定の患者さまは、過去の動画解説をご希望でしたら採卵後または胚移植の説明時に培養士へお申し出ください(特にご予約は必要ございません)。
     
     
    12:30以外に動画解説をご希望される場合は、当日の患者様の状況により適宜対応させていただきます。しかしながら、培養業務を優先させていただくため、どうしてもご希望に添えないことがございますので、その点はご了承くださいますようお願いいたします。

     
    培養部 河野
  • カテゴリー:研究内容

    2020.08.14

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    新型コロナ禍による様々な活動自粛はまだまだ続きそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    当ブログでは当院スタッフがそれぞれのおうち時間の楽しみ方を紹介してくれておりますが、個人的にも大変参考にさせて頂いています。

    ちなみに私は趣味のウクレレを楽しんでおり、外出自粛期間中に曲のレパートリーをだいぶ増やしました。今の季節だとサザンの曲などは雰囲気が出て良い感じです。持ち運びが容易で、ギターよりも敷居が高くないのでオススメですよ。

     
    さて、夏の風物詩の一つである花火大会ですが、今年は軒並み中止となりそうです。この状況ですから仕方がないのですが、少し寂しいですね。

    そこで、代わりといってはなんですが、当院で取得したライブイメージングの動画をご紹介致します。

     

     
    マウス受精卵の染色体分配の様子を撮影したものですが、闇夜に打ち上がった数多の花火のように見えませんか?

    とても神秘的ですし、生命現象の美しさを感じます。

     
    梅雨が明けて、熱波のごとき暑さが続いております。

    皆様、どうか体調にはくれぐれも気を付けて今夏をお楽しみ下さいませ。
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012