医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:研究内容

    2019.02.11

    春一番が吹き、梅の花の香りがする頃となりましたが、雪の予報、という冬と春の境を行ったり来たりのこの頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

    高度生殖医療研究所の中田です。

    私は小学校に上がる前、祖父母と暮らしていたのですが、犬好きな祖父が薩摩ビーグルを飼っていました。常に犬が家に何頭もいた中に、「ベル」という繁殖犬をリタイアした雌犬がいました。ベルの産んだ子犬たちは足が長く、姿もとても綺麗で、賢い犬が多かったため、ベルの子犬たちをたくさん購入した祖父が、べルの老後はうちでみたいと言ってブリーダーからいただいてきたようでした。ベルからみるとまだ3~5歳の頃の私は、子犬と同じに見えたのかもしれません。祖母がベルのリードを持ち、私も一緒に散歩に行くと、私が側溝にはまらないようにとベルが目を光らせ、私が落ちそうになると加えて道に戻し、ベルが代わりに側溝にはまったり、ということが何度もありました。私が雪遊びに夢中になると足を寒そうにぶるぶるさせながらも待っていてくれたり、どんぐり拾いに夢中になると、拾い終わるまで側で待っていてくれたりと、私は祖母とベルという1人と1匹のおばあちゃんがいたように思います。ベルには間違いなく私の言葉や気持ちが通じている、そんな気持ちはムツゴロウさんと同じじゃないかと思われ、子供心にも自慢でした。ところが、ある日、祖母と私が買い物に行く前に、ベルに「行ってきます」と声をかけると、いつもは「いってらっしゃい。気を付けてね。」というように、見送ってくれるのですが、その日はじっと私たちを見つめて、尻尾を少しふるだけでした。買い物から帰ると、ベルは小屋の前で倒れるように横たわっていて、私がベルの体を揺さぶって、「ベル寝ちゃったの?帰ってきたよ?」と話しかけてもびくとも動いてくれず、祖母に「ベルが寝ちゃって起きない。」と伝えに行きました。祖母は速足でベルのところに行くと、「くみ、こっちにきちゃダメ!」と厳しく言われました。泣きながら、ベルを抱きかかえる祖母の様子を見ていても、その時の私には「ベルの死」というものを理解できてはいませんでした。どこからか、男の人たちが来て、ベルを箱に入れて連れて行ってしまうのを見て「ベルを連れて行かないで。」と泣きながら怒ったのを覚えています。ベルがいなくなってから、祖母と私の二人の散歩になり、祖母は「もう犬は嫌だ。」と言って涙ぐんでいました。ずいぶん後からわかったことですが、祖母はベルを動物慰霊のお墓に入れてもらうように手配したようでした。私はベルによって「死」というものを初めて教えられたのでした。それから、犬を1匹、猫を1匹、小学生、中学生の頃に飼いましたが、大人になってからは飼うことができずにいました。

    しかし、去年、どうしても犬が欲しくなり、「ベル」を求めて薩摩ビーグルのブリーダーさんに連絡をしました。でも、今はとても数が少なくなった薩摩ビーグルがすぐに手に入るわけもなく、しぶしぶ諦めました。その頃に、ちょうどペットショップで子犬に出会いました。私とその子はガラス越しにじっと見つめ合っていましたが、その日はそのまま帰りました。でも、その子犬が気になって気になって仕方なくなり、毎日そのペットショップの犬の写真を見ていました。あの子犬はまだ飼い主さんが決まっていないようだ、今日も元気なようだ、と確認して、少し安心しては、また気になって写真をみてしまう、という日を繰り返し、ある日とうとう、その子犬を家族には秘密で買って帰ってしまいました。背中に豆のような模様のある、体全体的には白い色の多いジャックラッセルテリアです。薩摩ビーグルにどこか似た感じのする犬ですが、名前を「大福」と名付けました。「ベル」と違って、活動的でとてもやんちゃな彼ですが、私のとても大切な存在となっています。

    犬とは本当に不思議な存在ですね。大福が私のことを力いっぱい体いっぱいで愛情を示してくれて、大福を抱きしめたり、遊んだり、なでているだけでも、とても気持ちが和みます。

    デスクワークに疲れた時、悲しい気持ちになった時、私のことを首をかしげながら見ていて顔をなめてくれる大福。やはりこんな時には「ベル」を思い出さずにはいられません。私は「ベル」に出会えていなかったら、大福に出会うこともなかったかもしれません。

    犬との出会いだけでなく、ヒトとの出会い、実験との出会い、旅先でのヒトや景色との出会い、どれひとつとってもそれぞれが糸のようにつながって、かけがえのない出会いになるかもしれないなと改めて思います。

    長々と私の犬との出会いの話をしてしまいましたが、今年もアジア生殖医学会で2題の発表が決まり、香港に行く予定です。どんな出会いがあるか楽しみにしています。また、今年から始めた、私の新たな「精子の実験」。これも素敵な出会いを招いてくれそうです。出会いから出会いが生まれる、というところが、生殖医療研究の素晴らしいところではないかと思います。

    皆様が新しい命と出会えるように、ひとつひとつ素敵な出会いの糸を紡ぎながら、頑張っていきたいなと思います。

    写真は生後4か月の時の大福です。叱られるとソファーの下に逃げ込んでいました。でも今はもう体が大きくなってここには入らなくなってしまいました。。。
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2019.02.08

    こんにちは。
    培養部の田中です。

    2019年に入り1か月と少し経ちましたが、実は年末から新しい趣味をはじめまして、それが先日やっと形になりましたので今回はそのお話をしようと思います。

    昨年12月の頭、いつものようにパフェを食していたおやすみの日のことです。
    食べながらふと、このままではなんだかいけないような気がする!!何か永遠に手先のことがしたい!そうだ!編み物をしよう!と思いたちました。
    なぜこんなことを考えたのか今思うと不思議なのですが、その日の帰りに編み物の本と、本に載っていた必要な道具を一式買って帰ったのでした。
    そうして黙々と来る日も来る日もあみあみしていたものがこちら。

     
     
    ・・・普通の人は編み物をはじめるとき、大概手袋やマフラーなどの小物類から手をつけるそうなのですが・・・思いついたものがセーターだったもので・・・。うっかり大作になってしまいました。
    よく見ると荒いところややっつけ仕事なところがあるのですが、ひとつめだしとりあえず完成させてみよう!の気持ちでなんとか完成させました。

    鹿の子編みの部分も、あとの方に編んだものはこのように↓

     
     
    きれいにできているのですが、最初に編んだ面の鹿の子編みはこのように・・・↓

     
     
    赤で囲ったところが間違っています。(本来ならば編みなおさなければいけないのですが、、)
    しかしたった1か月ちょっとでこんなに成長したんだな~~やろうと思ったらできないことなんてないのかもしれないな~~などとしみじみ感動してしまいました。
    次の編み物が完成する頃には冬が終わっていそうなので、羽織れるものにしようかなと毛糸を物色中です。
    もし編み物得意だよ!!!という方がいらっしゃいましたら是非是非声をかけてくださいね。

    ちなみに。
    12月の頭に食べていたパフェはこちらでした。

     
     
    東京ミッドタウン日比谷にある“DRAWING HOUSE OF HIBIYA“というお店の「フランス産クーベルチュールのショコラパフェ」です。
    友人の推しのパフェで、友人は今まで食べたチョコレートパフェの中で一番おいしい!と大絶賛していました。
    実はあまりチョコレートが得意ではなかったのですが、クーベルチュールのチョコレートはとても美味で、ぺろりと平らげてしまいました。思い返せば実家に時々あったクーベルチュールの割れチョコだけはむしゃむしゃ食べていたような気がします。市販の板チョコは1/12で満足だったのに。

    長くなってしまいましたが、2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

    培養部 田中
  • カテゴリー:研究内容

    2019.01.23

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    昨日、岩手県にある共同研究先の某研究施設より研究試料が届きました。この研究施設に勤務する共同研究者のY君、実は私の同期なのです。大学入学から博士課程修了までの9年間を、同じ学科、そして同じ研究室で苦楽を共にした間柄で、まさに同じ釜の飯を食べた戦友です。研究室には学部4年時に配属されたのですが、4人の同期が博士課程にまで進学しました。そのうち私とY君を含めた3人は研究室内で「サンバカ」と揶揄され(おそらく愛を込めて)、要するに出来の悪い学生だったわけですが、それでもなんとか同期は皆、無事に博士課程を修了する事ができました。学位取得後に私は企業の研究員として、Y君はアカデミアの研究員として、お互い別々の道を歩む事になったのですが、その数年後に全く異なる分野にいる2人が再び交わることになろうとは全く想像もしていませんでした。

     
    さて、「サンバカ」のもう1人のメンバーであるN君ですが、彼は学位取得後にアカデミアへの道を進んだ後、紆余曲折を経て現在は某光学機器メーカーに入職し、顕微鏡を担当しています。実は今、N君とも仕事上で繋がっているのです。私の研究にとって顕微鏡は欠かすことの出来ないツールであり、N君には最新の動向を教えてもらったり、アドバイスをもらったりしています。こうして「サンバカ」が社会人となり、それぞれの分野のプロとして再び一緒に仕事ができている事は、奇跡的だと思いますし、非常に嬉しい事です。研究者となるべく共に修行し、切磋琢磨した同期が身近にいる事は大変心強いですし、励みにもなります。

     
    学生時代に、「お互いが一人前になって、講演等で呼び合えるようになりたいな」などと酒を酌み交わしながら将来について語り合っていた事を思い出します。嬉しい事に、既に私はY君が勤める研究施設で開催されたセミナーに講師として招かれましたし、N君には学会において、彼の勤める会社が共催するランチョンセミナーで彼の座長のもと演者を務めさせてもらいました。今度は私が起点となって3人で何か出来ないかと目論んでいるところです。

     
    Y君と進めようとしている研究ですが、内容についてはまだお伝えする事は出来ないものの、きっと患者さんのお役に立つであろうと期待されるものです。研究成果が得られましたら何かの機会に改めてご紹介したいと思います。

     
    高度生殖医療研究所 甲斐
  • カテゴリー:はじめのご挨拶

    2019.01.18

    初めまして。今年から高度生殖医療研究所の研究員となりました甲斐義輝(かいよしてる)と申します。かねてよりYSYCと共同研究をしていたことが縁で、この度YSYCの一員となりました。

     
    まずは簡単に自己紹介をさせて頂きます。過去には武道をたしなみ、剣道・弓道ともに二段を有しておりますが、ブランクがあり過ぎて、もはや役には立ちません。趣味は読書とウクレレですが、まだまだキャリアは浅いです。出身地は福岡県で、タレントのタモリさんと同じ高校を出ました。大学・大学院では分子生物学を学び、企業の研究員をした後に生殖医療の世界に入りました。一応、卵子学会認定の生殖補助医療胚培養士の資格を有していますが、YSYCでは研究一本でやっていくつもりです。残念ながら患者さんとお会いする機会はほとんど無いと思いますが、白衣を着て院内をウロウロしている、少々コワモテな男を見かけられたら、それは私である可能性が極めて高いです。

     
    生殖医療の更なる発展の為には、基礎研究が必要不可欠であると考えています。研究によって得られる成果を、直接的、もしくは間接的に患者さんにフィードバックできるよう、精一杯、励んでいきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

     
     
    写真は研究室前で撮ってもらいました。付けているのは福岡県民であれば誰もが知っている(であろう)お面です。

     
    高度生殖医療研究所 甲斐
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012