医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:研究内容

    2021.07.02

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    我々の研究分野には、ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE:エシュレ)とアメリカ生殖医学会(ASRM:アスラム)という2つの大きな国際学会があります。どちらの学会も世界中から1万人以上が参加するマンモス学会で、ESHREはヨーロッパの主要都市の持ち回りで、ASRMはアメリカの主要都市の持ち回りで毎年開催されています。今年のESHREはパリで開催予定だったのですが、残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインに変更され、今週、6/28(月)-7/1(木)の4日間の会期で開催されました。

     
    今年のESHREには高度生殖医療研究所と培養室から1題ずつの演題を投稿しましたが、見事、それぞれ口頭発表とポスター発表に採択されました!!実はこれ、結構すごいことなのです。ESHREの演題採択率は、ポスター発表で40%程度、口頭発表にいたっては12%程度と、かなりの狭き門です。事実、今年の口頭発表に採択された日本人は私を含めて6名だけしかいませんでした。そのような中で、当院の演題が2題とも採択されたことは快挙と言えますし、大変光栄に思います。

     
    私の口頭発表ですが、’’First mitotic spindle formation led by sperm centrosome-dependent microtubule organising centres may cause high incidence of zygotic division errors in humans’’というタイトルで、ヒト受精卵が2細胞期胚に分裂する際の染色体分配メカニズムを解析した内容の発表でした。これは我々が世界で初めて明らかにしたもので、研究内容の詳細は2021.4.23掲載の当院ブログをご覧頂ければと思います。
    https://www.ysyc-yumeclinic.com/blog/2021/04/
     
     
    さて、肝心の発表ですけれども、オンライン開催ということで事前に収録したビデオ映像を流し、その後、ライブで質疑応答を行う形式でした。発表者の持ち時間は発表時間が10分、質疑応答が5分の計15分です。発表ビデオの収録はZOOMというWeb会議サービスを利用し、学会スタッフの指示を仰ぎつつ(もちろん英語です)、スライド発表している様子を収録したのですが、これもまた一苦労。外部からの音が入ってしまったり、私がセリフを噛んでしまったりなどして3回ほど撮り直しを行いました。ビデオ収録が終わってしまえば、あとは気楽に構えていられるかというと大間違いです。英語の聞き取りが苦手な私にとっては、国際学会での質疑応答こそが最大の難関です。例年ですと、現地入りして空港やホテルなどで英語に触れる機会を学会前に持てるので、徐々に自分の頭を英語モードに切り替えて学会に臨むことが出来るのですが、今回の場合はそうはいきません。質疑応答もZOOMを使って行われたのですが、座長から繰り出される4つの質問にかろうじて対応し、なんとか発表を終えました。なかなか疲れましたが、発表内容は高く評価してもらえたようでした。

     
    当院では技術および知識の向上、ひいては生殖医療の発展のために日々研究に励んでおり、その成果を国際学会においても積極的に発信しています。来年のESHREはイタリアのミラノで開催される予定です。2年連続での口頭発表を目指し、現地で発表できるよう研究に邁進したいと思います!

  • カテゴリー:研究内容

    2021.06.09

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    最近は蒸し暑くて堪える日が続いています。今でさえこんなに暑いのに、8月になったらとても耐えられない、なんて思ってしまいますが、そんな心配をよそに私たちの身体は毎年上手く対応してくれます。ホント、我ながら良く出来ていると感心します。素晴らしきかな、人体。

     
    そんな私たちの身体は約37兆個の細胞から出来ており、その種類は270種にも及ぶとされています。膨大な数と種類の細胞から成り立っている人体ですが、元をたどると1個の細胞、つまり受精卵から始まっています。たった1個の細胞から、このように複雑な構造を持つ身体が出来上がるなんて、本当に不思議でなりません。受精卵は最初の分裂で2細胞になり、その後、桑実胚を経て胚盤胞へ発生します。ここまでで、大体7-8回の分裂を経ています。桑実胚を迎える頃になると、それまで同じ性質を持っていた細胞たちが、徐々に異なった性質を持つようになります。そして胚盤胞になると、胎児になる細胞群と胎盤になる細胞群の2種類の細胞群に分かれます。しかしながら、どのようなメカニズムで2種類の細胞に枝分かれするのか、未だに解明されていません。そのような状況ですから、複雑な臓器や構造がどのように形作られて私たちの身体が出来上がっていくのか、そのメカニズムが完全に解明されるまでにはまだまだ随分と時間がかかりそうです。まさに神秘のベールに包まれている訳です。

     
    私はその一端を少しでも垣間見ようと、受精卵の内部で起きている様々な生命現象を顕微鏡で観察しようと試みています。その中でも、初期胚の発生を生きたまま観察することが可能なライブセルイメージング解析は、当院の強力な武器の一つになっています。これまでに取得したデータをいくつか発表してきましたが、その度に感じるのが映像の持つ確かな説得力です。百聞は一見に如かずという言葉の通り、生命現象を映像で示すということは、どんな論拠を並べるよりも圧倒的な説得力を持っています。そのような解析を通じて、少しでも“いのちのはじまり”の神秘を解き明かすことが出来ればと思っています。

     
    さて、前置きが長くなりましたが、生命科学・医科学映像を制作する企業が開催する上映会にゲストとして招かれることになりました。とても興味深い内容で、私自身、とても楽しみにしています。興味のある方は是非チェックしてみて下さい。参加をご希望の方は事前申し込みが必要なようですのでご注意下さい。

  • カテゴリー:研究内容

    2020.12.11

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    先日、今年の初めから取り組んできたプロジェクトを論文にまとめ、とある学術誌へ投稿しました。一区切りがついてホッとするのも束の間、受理されるまでは試練の日々が続くことになります。そんなことはしばし忘れて、今回は少しだけ「研究」という仕事についてご紹介したいと思います。

     
    私の勝手なイメージですが、研究というのは暗闇の迷路を手探りでゴールを目指すようなものだと思っています。迷路の長さや複雑さは研究内容によって異なりますが、自分の目指すゴールにはまだ誰も辿り着いていないことが必要条件です。研究の世界では二番煎じはただの追試にすぎず、全く意味がありません。そして、同じゴールを目指しているライバルに負けないように一番でゴールに辿り着く必要もあります。そのように過酷な暗闇迷路に何の装備も持たぬまま挑むのはあまりに無謀すぎるので、研究者を志す人々は大学等の教育機関で事前準備をする必要があるわけです。大学の学部生を終えて入手できるのはせいぜい懐中電灯くらいでしょうか。これで自分の足元くらいは照らせます。大学院の修士課程を終えると方位磁針が入手でき、方向感覚が得られます。そして博士の学位を取得してようやく白地図の作り方を習得し、道筋をある程度考えられるようになります。しかしながら、この装備だけでゴールに辿り着くのはまだまだ困難です。そこで重要になるのが、先人達が冒険した記録である論文です。先人達が残した様々な情報を自分の白地図に書き加え、自分なりの道筋を明らかにして対策を練ります。もちろん引き続き修行も必要で、経験値と装備を増やしながらレベルアップしていきます。時には自分が持っていないアイテムや情報を有する仲間の助けを借り、ゴールを目指して四苦八苦しながら前人未踏の道を進みます。ゴールまで辿り着けずに途中でリタイアなんてこともしばしばですが、経験を重ねるごとにゴールへ辿り着く確実性は徐々に上がっていき、最短経路で且つスマートにゴールへ到達する術が身に付いてきます。こうして苦心の末にゴールへ辿り着いた瞬間というのは本当に格別です。まだ誰も見たことのない景色を世界で初めて自分が目にすることができるわけですから、これこそ研究者冥利に尽きると言いますか、その感覚を一度味わってしまうと抜けられなくなってしまいます。おそらく研究者はこの経験が忘れられないから、どんなに過酷な道であっても何度でも頑張れるのだろうと思います。

     
    さて、冒頭の論文の話ですが、上記のように論文を書くことは研究者にとって非常に重要な仕事の一つです。私は生殖医療分野の研究をテーマにしているわけですが、もし私の研究が皆さんの治療に直接的には役立たなかったとしても、他の研究者が私の論文を参考にして新たな治療法や診断法を確立してくれるかもしれません。まるでバトンリレーのようですね。そして良い論文というのは多くの研究者に引用され、後世にまで残っていきます。自分の仕事を形にして後世に残すことができるというのも研究者の醍醐味の一つであります。

     
    いかがだったでしょうか。私の個人的なイメージで研究という仕事を抽象的に紹介させて頂きました。国内のプライベートクリニックにおいて本格的な研究ができる施設は限られていますが、山下湘南夢クリニックには恵まれた研究環境が整っています。そして臨床と基礎研究の両方の視点を持てるということが当院の大きな強みです。当院の研究成果が生殖医療の発展に貢献し、皆様の笑顔に繋がることを期待しつつ、これからも研究に励んで良い仕事をしていく所存です。
  • カテゴリー:研究内容

    2020.08.14

    こんにちは。高度生殖医療研究所の甲斐です。

     
    新型コロナ禍による様々な活動自粛はまだまだ続きそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    当ブログでは当院スタッフがそれぞれのおうち時間の楽しみ方を紹介してくれておりますが、個人的にも大変参考にさせて頂いています。

    ちなみに私は趣味のウクレレを楽しんでおり、外出自粛期間中に曲のレパートリーをだいぶ増やしました。今の季節だとサザンの曲などは雰囲気が出て良い感じです。持ち運びが容易で、ギターよりも敷居が高くないのでオススメですよ。

     
    さて、夏の風物詩の一つである花火大会ですが、今年は軒並み中止となりそうです。この状況ですから仕方がないのですが、少し寂しいですね。

    そこで、代わりといってはなんですが、当院で取得したライブイメージングの動画をご紹介致します。

     

     
    マウス受精卵の染色体分配の様子を撮影したものですが、闇夜に打ち上がった数多の花火のように見えませんか?

    とても神秘的ですし、生命現象の美しさを感じます。

     
    梅雨が明けて、熱波のごとき暑さが続いております。

    皆様、どうか体調にはくれぐれも気を付けて今夏をお楽しみ下さいませ。
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012