医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • 2020.09.01

    長かった今年の梅雨も終わりに近づいた七月末、クリニックの外階段で今年初めての蝉の声を聞きました。隣家の大きな木のある庭に面したこの階段で、毎年一番蝉の声を聞いてきたように思います。“今年も夏が来たんだ” 蝉の声はとても好きな風物詩のひとつです。

    蝉にも鳴く順番があって、まずニイニイゼミがチーチーと先陣を切り、アブラゼミがジージー後を追い、盛夏の頃にはミンミンゼミとクマゼミがミンミン、シャアーシャアー暑さを募らせ、夏も終わりに近づいた頃ツクツクボウシが軽やかに街を彩り、心に染み入るヒグラシの声が晩夏を締めくくります。
    街中で聞くとそれほどでもありませんが、大きな公園や郊外の森の中で重なりながら降り注いでくる蝉の声のシャワーを全身に浴びると、つい空を見上げて、蝉時雨という風情のある夏の季語を思いついた方の鋭い感性に感心してしまいます。
    蝉の声をただの騒音としか感じない国も多いようですが、長い地中生活の末に成虫となったオス蝉が短い命を燃やし尽くすようにメスを呼び続ける魂の声にはどこか悲壮感が漂っていて、日本人の琴線を揺さぶるのではないかと思います。

    COVID-19の感染蔓延から早半年になります。
    毎日のようにマスコミから流されたCOVID-19への恐怖。昨日まで元気だった人の容体が急変し、あまりに突然に帰らぬ人となり、その臨終さえ立ち会えない。感染すると家庭でも職場でも村八分のように扱われ非難される。そんな受け入れがたい不合理な衝撃は、人々の人生に対する考え方に少なからず影響を与えたようです。

    YSYCの診療の中でも、患者さんの考え方の変化を肌で感じることができました。
    のんびりと治療していた方が治療を急ぐようになりました。そして、初診の患者さんの年齢が若くなりました。以前は30台後半から40台前半の方が多かったのですが、COVID-19以来20歳代の方がクリニックの門をたたくようになりました。
    仕事優先或いは自分の人生優先の生活を送ってきた方が、未知のウイルスに命を脅かされる時代に優先すべきことは何かを自問した時、子供が欲しいと思われたのかもしれません。また、先行きが不透明な時間が足早に通り過ぎていく中で、御両親に早くお孫さんの顔を見せてあげたいと思われたのかもしれません。
    ワクチンや特効薬の開発までCOVID-19を抑え込むことが難しいことが明らかになってきた昨今、三密を防ぎ、マスクの着用や手洗いを励行するという感染症予防のイロハが声高に推奨されています。何をいまさらという感もありますが、情報に振り回されることなく取捨選択し、患者さん、職場、職員、そして家族を守っていきたいと考えています。

    私自身のこの半年間は、霧がかかったように記憶が曖昧な、生命感の乏しい、息苦しい日々が多かったように思います。人は元来、仲間同士が集まり、喜びを分かち合い、悲しみを慰め合う、そのような繋がりを心の糧として人生を一歩ずつ歩いていくものですから、三密を防ぎ、ソーシャルディスタンスを保ち、リモートで仕事をするような、それこそアクリル板が人間関係に挟まったような生活からは生きていくために必要な滋養や潤滑を得ることは難しいのだろうと思います。
    私に仕事をする力を与えてくれる患者さんの笑顔がマスク越しではなく直に見れる日が早く来てくれることを心から願っています。

    滝のように降る雨、体温を超える高温、そして猛烈な台風など優しさを失い壊れてしまった四季の中で、時の移ろいを健気に知らせてくれる風物詩のひとつひとつがとてもいとおしく思われます。

    いつの間にかヒグラシの声が混じるようになった蝉時雨が今日も外階段に降り注いでいます。

    2020年9月1日 院長 山下直樹
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.08.29

    暑い日が続いており、まだまだ熱中症にも注意が必要ですが皆さんは
    大丈夫でしょうか?
    今年は暑さに加え、マスク着用で更に警戒が必要ですがしっかり
    水分補給をして気をつけましょう。

    先日、久しぶりにゴルフの練習に行ってまいりました。
    コロナの影響でずっと行けていませんでしたが、友人から練習場のコロナ
    予防対策の状況などを聞き、しっかり対策をとっている練習場に行きました。
    行ってみると、入った所に「モニターを見ながらゆっくり進んで下さい」と
    張り紙がしてあり、そこを通る時に熱がないか感知するような機械が設置
    されていました。
    フロントでのチェックインも、以前はフロントの人が対応していたのですが
    現在では会員カードを使って、タッチパネルで自分で出来るようになって
    いました。
    なるべく人がいない場所にチェックインをし、座席まで向かいました。


    頭上に扇風機が設置されているので、まずは扇風機をON!
    準備運動をしてから練習を始めました。
    あまりに久しぶり過ぎて、自分のフォームがよく解らなくなっていました。
    最初は試行錯誤しながらやっていましたが、30分位でだんだん感覚を取り戻し
    てきました。
    久しぶりの練習だったので、翌日は背中と太腿の裏側が筋肉痛でした。
    ここ最近は特に運動不足だったので覚悟はしていました。
    感染予防対策はしっかりしつつ、たまには体を動かしてリフレッシュをした
    いと思います。

    受付 清水
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.08.22

    こんにちは。
    受付の瀧澤です。

    梅雨明け後の猛暑が辛く、連日の熱中症警戒で早く秋になるといいな、なんて思っていたらこの間(8/19)は気持ちの良い風が吹き、秋を感じました。

    ちょうどその日はお休みをいただいていたので、友人とドライブへ出掛けました。

    去年の夏休みは色々とお出かけをした思い出をこのブログに載せていて、まさかコロナのせいで気楽にお出かけや旅行に行けない日々が来るとは思ってもいませんでした。

    ドライブで向かったのは御殿場のとらや工房です。
    自然の中で和菓子を味わうことが出来ます。











    昭和二年からある趣きのある山門をくぐるとステキな竹林が。少し散策するととらや工房があります。
    工房はガラス張りで、中で和菓子を作る様子を見ることが出来ます。
    そして開放的なテラスで緑豊かな景色の中、和菓子とお茶を楽しみます!
    お茶はこの敷地内にある茶畑で育てているそうです。

    どら焼きやあんみつ、ところてんなどのメニューの中で、私はかき氷!抹茶シロップにとらやの餡子はとても美味しかったです(^-^)






    まだ暑い日は続くでしょうが、秋もすぐそこまで来ているな…と感じた休日でした。
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2020.08.15

    こんにちは。
    受付の宮嶋です!
    とても暑い日が続いていますが、みなさま体調はお変わりないでしょうか?
    私は日中外を歩くときは必ず日傘をさしているのですが、すでにサンダル焼け、半袖焼けしてしまいました…。
    マスク焼けだけはどうしても避けたいので今以上に日焼け対策しっかりしていきたいと思います!

    先日、初めて献血をしました。
    以前から献血に興味があったのですが、なかなか踏み出す勇気がなく…献血バスが地元にきていたので勢いに任せて行ってきました。

    受付をし、タッチパネルで質問に答えたあと人による問診がありました。
    “今まで入院歴があれば全部教えてください”
    “朝ごはん・昼ごはんは食べたか”
    など聞かれるのですが、当日朝ごはんを食べていなかった私。
    起きてから飲み物をどれくらいとったか確認され、スポーツドリンク500mlとカルシウムたっぷりのウエハース3枚渡されました。
    すべて完食してください、と。
    お昼ごはん食べた直後だったのでかなりキツかったのですが、なんとか完食しました(*_*)

    その後は指先から血を少量とり、ヘモグロビン濃度の測定と血液型の検査がありました。
    私はAB型なのですが、
    “どこでAB型って知りました?”
    と聞かれ、…どこでだろう?と考えこんでしまいました。
    ちゃんと調べたことがなかったので、小さい頃に親から教えてもらったものを信じてきたのですが、もしかして違うのかな?とドキドキ結果を待つと、
    “AB型の反応が出てますね”
    と教えてもらい、安心しました。これを機に調べられて良かったです。

    ヘモグロビン濃度も問題なく、いよいよ献血へ。
    針を刺してから10分もかからなかったように思います。あっという間に400mlの献血を終え、少し休んでから歩いて帰宅しました。
    初めてにしては貧血になることもなく、その日も普段通り過ごせました。
    献血前はかなり無茶な水分補給だな、と思いましたがそれもこれも、貧血をおこさないように厳しく言ってくれてるのだと感じました(^ ^)

    現在コロナウィルスの影響で、献血する人が昨年に比べてかなり減っているようです。
    私ももしかしたら交通事故にあったり、病気になったりで輸血が必要となるかもしれない。他人事ではなく、将来の自分のためにも今後は出来る限り献血していこうと思います♪
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012