医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • 2022.12.31

    2014年のブログ(第9話)にも書きましたが、院長室にオリーブの木があります。2009年の開院時に心が弱くなった時の支えにしようと購入して、もう10年以上の付き合いです。しかし、手塩にかけて世話をしてきたにもかかわらず、ほとんどすべての葉が落葉して枯死寸前の状態に陥り、クリニックに出入りの植木屋さんから“インドアの鉢植えは5年が限界ですよ”と引導を渡されたこともあります。



     
     
    研究室の拡充工事に伴い院長室をクリニックビルの5階に移した時を機に、ずっと屋内で育ててきたオリーブでしたが思い切ってベランダに出し、藤沢の強い日光と海風の中で育てることにしました。それから数年、自然の中で育てたのが良かったのかオリーブは再び樹勢を取り戻し、誰に見られることもなくひっそりとですが、しかし逞しく育ちました。

    今年10月のとある日、風に吹かれて枝をなびかせているオリーブの木を見ていた時、葉陰に綺麗な黄緑をした丸い実が一つぶら下がっているのに気づきました。長い付き合いの中で初めてのことだったので、その日から部屋に上がるたびにベランダに出てオリーブの実が落ちてはいないか、鳥に持っていかれてはいないか、オリーブの実の無事を確かめる日々となりました。

    オリーブは選定後や自家受粉で稀に実がなることもあるそうですが、基本的には他家受粉で傍に種類の異なるオリーブの木がないと実をつけないそうです。そうすると、どこか遠くから5階のベランダまで風に乗って花粉が運ばれて受粉し、この実を実らせてくれたことになります。10年以上の間一度も起こらなかったことが初めて起こったようです。
    そのとても低い確率を思うとこの実の中に奇跡を叶えてくれる力が秘められているような気がして、このオリーブの実をミラクルと名付けました。そして、なんとなく幸せな気分でミラクルの安否を気に掛ける日々が続きました。しかし、冬が訪れ寒さが募ってくると、ミラクルが落実してただ土に戻っていくのが寂しく思われ、先日心を決めてミラクルをそっと切り取り、小さなガラス瓶の中に入れて机の上に飾りました。
    10年越しの苦節をともにしたオリーブからの夢を叶えてくれるお守りとしてずっと傍に置いておきたいと思います。

    2022年も今日で終わろうとしています。
    多くの事件や事故そしてコロナなどの疾病や戦争など、ある日突然訪れるかもしれない不幸が溢れている社会で、スタッフ全員が大過なく揃って新年を迎えることができることは感謝すべき奇跡のようにも思われます。

    スタッフの皆さん、そしてYSYCに通院してくださった患者様、2023年が実り多き無事な年でありますように心から祈っています。



     
     
    2022年12月31日 院長 山下直樹
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2022.12.30

    「ここは人生の交差点のようだ」

    YSYCの受付に立つとふとそんなイメージを思い浮かべます。
    年齢も仕事も生活背景も違う方々が、ただ一つの共通した思いを胸に、訪れてはまた去っていく。
    多い日は1日に100名超がこの交差点を行き交う。

    岐路に差し掛かっては、選んだ方向が正しいと信じて、行き止まりのない人生を立ち止まることなく歩み続ける。
    スクランブルに交わるそこかしこで、一体いくつの人生のドラマに立ち会ってきたことでしょう。
    お顔も、声も、表情に滲む心の機微も、忘れられるはずはなく、記憶に刻まれています。

    皆さまこんにちは、受付の中西です。
    今年も残りわずかとなりましたね。今年もお疲れ様でした。

    受付としてクリニックの入口に立ち続けていつのまにか9年が経とうとしています。
    当初20代前半の若輩者だった私も、30半ばを経過しました。
    自分を取り巻く環境は大きく変わり、多少の持ち物が増えました。
    患者様と近い場所から景色が見えるようになれたのではないかと感じています。

    あの頃も現在も、変わらずに問い続けていることがあります。
    人生の「幸福の定義」とは何か、です。

    誰に対して問うているのでも、誰から問われているわけでもないですが、
    息苦しさを感じた時に、それが分かるなら楽になれるのではないかと、無性に知りたくなるのです。

    結婚し生涯の連れ合いを得て幸せになる人がいるかと思えば、
    離婚して自由を手に入れて幸せになる人もいる。
    大成することを目標にがむしゃらに頑張る夢追い人がいれば、
    富と名声を得た後に突如表舞台から姿を消す大スターもいる。

    幸福の定義は人それぞれで、固定の条件はないようで、
    その時幸福でも、時間が経てば満足できなくなってしまうこともある。
    年齢や人生の段階によってどんどん形を変えていくものらしい。

    どこかの偉い先生は、そもそも、幸せとは何か悩むなんて、暇で幸せな証拠だと言います。
    昔はどんなに酷い目に遭おうとも、戦争で死んでしまうことに比べたら遥かにマシだった。
    生きているだけで幸せだった、と。

    自分が幸福であるかどうかは、主観に基づくもので、数値化することはできません。
    そもそも幸福の定義とは何か考えること自体が無意味なことなのでしょう。

    でも、
    この入り口で、
    ずっと皆様を見ていると、何だかその輪郭が少しだけ見えてくるような気がするのです。

    かばんに付けられた小さな願掛けの御守りを見た時か、

    パートナーに電話で結果を伝えている必死な横顔を見た時か、

    途方もなく長く続いた緊張が緩和した瞬間に流れた涙を見た時か。

    真剣に自分の人生と向き合ういくつもの鮮やかな「今」が、
    目の前をどんどんと通り過ぎてゆく。

    ここに来ることで、何か一つでも前に進めますように。
    納得して次に向かうことができますように。
    あなたにとっての幸福が実現しますようにと、願っています。

    来年もまたこの場所でお会いしましょう。
    良いお年をお迎えください!

    受付 中西

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2022.12.26

    先日、書道家の榛葉竹圃先生にお会いする機会がありました。
    20代から書道の道に入られて、今年で74年だそうです。これまで数々の展覧会を開催されており、今年は小田急百貨店で展覧会を催されたそうです。
    書道というと礼儀作法もとても厳しいので失礼のないよう気を付けていましたが、気さくに話してくださるとても穏やかなお人柄でした。

    水墨画で虎や兎、猫などの動物を描かれた作品や木に文字を彫り、彫った部分に専用の墨で書を書かれた作品、賞状や神社の石碑への筆耕など多数の作品を拝見させていただきました。
    展示会のお写真も見せていただいたのですが、周りを多数の来場者に囲まれて書を書かれているお写真がありました。「この時は100人くらいかなあ」と先生。書に知識や関心のある方々の視線を一身に浴びながらの実演は、緊張されませんかと尋ねると「もう慣れているよ」と笑顔で仰っていました。

    作品の他にも、ご家族のお写真を見せてくださいました。お孫さんの成人式のお写真があり、とても素敵な一枚でした。お写真を見ながらお孫さんの仕事の話を伺い、先生がご家族をとても大切に想われていることが伝わってきて、温かい気持ちになりました。

    そうこうしていると、あっという間に時間が経ってしまい、先生はお出かけになるお時間に。
    本来は展覧会へ行かないと観ることのできないものや貴重なお話を伺えて、この機会に感謝しました。
    次回の展覧会は行ってみたいと思います。

    本年も残すところあと僅かとなりました。2023年も健康に気を付けて精一杯頑張りたいと思います。
    皆様どうぞ良いお年をお迎えください。


    経理 小川
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2022.12.17

    こんにちは。

    気がつけば今年も残りわずかとなりました。

    皆さんはどんな1年でしたでしょうか?

    今年は4月に不妊治療の保険適用が開始され慌ただしく過ごしていたらあっという間に1年が終わりそうです。

    最近も忙しく過ごしていて、ちょっとお疲れモードでした。
    お家でゆっくり過ごすのも大好きなのですが、癒しを求めて久しぶりにプラネタリウムへ行ってきました。

    訪れたのは横浜にあるプラネタリウムです。







    こちらのプラネタリウムはプロジェクターによる投映方式ではなく、日本初のLEDドームシステムで、自発光するLED素子を利用した映像システムだそうです。

    なんだか良く分からないけど、すごそうとさらに期待大に。




    プログラムも色々ありましたが、今回は「銀河鉄道の夜」を選びました。





    このプログラムは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を、映像クリエイターKAGAYA氏が鮮明に再現した作品で国内外のプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人突破している伝説的名作と言われています。


    その名作が最新のシステムで上映されているとの事で、どんな感じなのかとても楽しみでした。
    チケットを購入する際に、おすすめの席を聞いたところ後方だと全体が見渡せるのでいいですよ!との事でしたので後方の席にしてもらいました。
    入って上映が開始されるまではこのような映像でこれだけでも凄く綺麗でずっと眺めていられます。





    10数年ぶりのプラネタリウムは技術がもの凄く、圧倒されてしまいました。

    内容はあまり言えませんが、映像はもちろん美しくて、臨場感もすごく早々に引き込まれました。
    まず椅子に座ってドームを見上げているというよりも、自分がその世界に入り込んでいるような感覚に陥り、映像が回って動いているのか自分が回って動いてるのか分からなくなり、境目がなくなるような不思議な感覚でした。

    座っているのに浮かんで吸い込まれいくようで…


    自分の語彙力がないため、この感覚をお伝えしきれないのでぜひ体験してみていただきたいです。

    銀河鉄道の夜は子どもの頃に見たアニメがすごく印象的であの青いネコや世界観は記憶に残っていましたが、ストーリーが実は曖昧でf^_^;

    懐かしい気持ちで見れるかなと思ってましたが、新鮮な気持ちで見れました笑
    そもそも原作をちゃんと読んだことがあったのか…

    改めて原作を読みたいなと思いました。



    プラネタリウムのプログラムも写真撮影ができるものや音楽と一緒に楽しむものなどおもしろそうなものがまだまだたくさんあり、また絶対行きたいです!

    みなさんも、非日常の空間を味わえるのでぜひ!

    来年も心身ともに健康に過ごせるよう、時々は癒しの時間を作りたいです。


    来年も充実した1年となりますように。
    よいお年をお迎えください。

    受付  八代

PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012