医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2012.06.11

    こんにちは。

    看護師の山崎です。

    梅雨時期になり、季節の変化で体調を崩されていませんか?

    体調を崩された際にお薬を必要とした場合、どのようにしたらよいか迷われる患者さまから、「このお薬を飲んでも大丈夫ですか?」とご質問を受けることがあります。お答えは『妊娠している可能性がある時期以外は問題はありません。』です。

    こちらの治療で排卵誘発剤やホルモン剤(ピル)などをご使用いただいていても、他のお薬を併用していただいて結構です。ただし、ホルモン剤の併用はお避け下さい。

    妊娠後は、赤ちゃんへの影響を考えた上で、必要最低限のお薬の使用にされて下さい。市販のお薬ではなく、病院に受診され、そちらの医師に妊娠している旨をお伝えいただき、使用できる薬を処方していただくようお願いします。

    私もこの時期は気圧の影響(?!)なのか、頭痛があり、ロキソニンを飲むことがあります。そしてギラギラと暑い夏が大好きなので、待ち遠しいです。

    皆様もおつらい症状がありましたら、ご無理されずお休みをとったり、お薬を使ってみたり、、、とお付き合いされて下さい。

     
     
     
  • 2012.06.11

     現代はインターネットの時代です。人は何かを思い立つとインターネットを開き、キーワードを入力し、その関連するサイトから情報を入手します。そして、その情報に基づいて行動を決定します。例えば、どのレストランで何を食べるか?新しいオーディオはどの機種を購入するか?どの病院を受診するか?などなど、関連するサイトに載っている口コミや人気ランキング等の情報が判断の重要な決め手となります。その気になれば世界中から多種多様な情報を集めることができるわけですから、何の情報もなく行き当たりばったりに行動するよりは、はるかに効率よく、質の高い判断を下すことが可能です。情報が最優先される現在社会では、インターネット依存の生活は必然的な潮流だと思われます。しかし、このような生活にどっぷりと浸かってしまうと、情報の良悪や真偽を自分なりにしっかりと吟味することなく鵜呑みにしてしまいがちになります。ネット上に星の数ほどある様々なブログは、元来ブログを開設された方の日記ですからその内容は極めて主観的かつ個人的で信頼できる情報ソースとしては心もとないものですが、多くの方が参考にする食べログのような大きなサイトでさえ、ランキングの捏造問題が報道されたように、その情報を鵜呑みにはできないようです。 私自身もこの二、三ヶ月の短い間にマスコミの情報に不信を抱いてしまうような経験を立続けにしました。某週刊誌から“不妊治療の良い病院特集”に記事を出さないかと連絡が入りました。有名な週刊誌の良い病院特集にクリニックの名前が掲載されることはとても光栄なことだと前向きに考えていたところ、一ページ百万円以上の掲載料がかかると知らされました。結局、これは患者さんに役立つ“良い病院特集”というよりは“お金持ちの病院の広告特集”にすぎないと感じ、掲載をお断りしました。しばらくして、今度は今を時めく某出版社から、不妊治療の本を出版しないかと持ちかけられました。長年の治療経験の中から患者さんにお伝えしたいメッセージもたくさんありますので本という形にできればと考えました。そこで、多忙な日常診療の合間に執筆することになるから少なくとも数か月はかかりますとお答えすると、先生は時間を見つけて何度かインタビューに答えてくれるだけでいい。あとはゴーストライターに仕上げてもらうことになります。そして全て込みで1000万円ちょっとかかります。との答が返ってきました。世の中の出版物の内情を露骨に見せられた気がしてこの話もお断りすることにしました。さらに、数か月前に某全国紙から不妊治療に関する調査をしたいからと突然アンケートが届きました。アンケートに答えたことも忘れていた最近、そのアンケート調査の数字をそのまま材料にして“不妊治療施設の実力ランキング”と銘打って治療件数の多い施設のベストテン記事が掲載されていました。アンケートに回答された数字の真偽を一度も調査、検証することなく、そのまま記事が作成され掲載されたことに、大きな影響力を持つ新聞社だけに尚更のこと、驚きを通り越して深い絶望を感じてしまいました。このような経験が続くと、世の中の多くの情報は玉石混淆どころかほとんどが石ころだらけに思えてきます。氾濫する情報に惑わされることなく、多くの情報の中から自分に合ったものを見抜く目がどうしても必要になってくると思われます。日常の診療の中でも、多くの情報を消化しきれず、良いと聞けばいろいろなものに手をだし、情報を使うのではなく情報に振り回されて疲れ切っているようにお見受けする患者さんにお会いします。ご自分の目的地に向かってしっかりと針路をとるのではなく、氾濫する情報の大海の中で当てどもなく漂流されているような印象を受けます。このような状態に陥らないためには、日頃から良いもの(自分に合ったもの)を自分で見抜く感性を磨くこと、そして、一旦判断したら後は自分を信じて、大船に乗った気分で自分が決めた相手にすべてを委ねるような心持ちが、事がうまく運ぶためには大切なように思われます。自分を信じきること。自分の決めたことに疑念を持たないこと。そんな心の中の余裕が貴女の願いを叶える大きな力になってくれるように思います。                      

     2012年6月10日 院長 山下直樹

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2012.06.07

    こんにちは。

    凍結卵子・精子保存更新などについてよくあるご質問をまとめましたのでご参照ください。

     
    Q.保存期間は?

    凍結日から6ヵ月となります。

     
    Q.保存料金は?

    卵子 ¥31500(税込)

    精子 ¥15750(税込) です。

     
    Q.保存を延長する場合は?

    保存期間終了日の1ヵ月ほど前に保存更新のご案内をお送りいたしますので、

    「延長を希望する」にチェックし、ご返信お願い致します。

    返信を確認後、延長料金の請求書をお送りいたします。

     
    Q.卵子・精子を廃棄するには?

    保存更新のご案内の「延長を希望しない」にチェックをし、廃棄申し込み書にご記入の上、

    ご返信お願い致します。

    返信を確認後、こちらからお電話で最終確認をさせて頂き、保存期間終了日以降に廃棄の手続きを致します。

     
    その他ご不明な点がございましたら、受付までお問い合わせ下さい。

     
    受付 八代

     不妊治療助成金申請についてはコチラ↓

    https://www.ysyc-yumeclinic.com/blog/2012/04/13/141/
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2012.06.05

    こんにちは。
    培養師の中山と申します。
    ブログ開設時に最初の挨拶をさせていただいて以来、
    初めての更新となります。
    実質最初の登場となりますので、
    簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。

    名前:中山 順樹(なおき)
    性別:男(山下院長以外の唯一の男性職員です)
    特技:胚の凍結保存(就職活動時に履歴書に書いていた特技です)
    趣味:食べること

    以上が簡単なプロフィールです。

    大学時代は、ブタの体外受精胚やクローン胚の凍結保存の研究を行っていました。
    そして、大学で学んだ技術や知識を活かすことができる仕事がしたいと思い、
    こちらのクリニックに勤めさせていただくことになりました。
    今は、一人でも多くの患者様の夢を叶えるお手伝いができますようにと願い、
    日々、技術を磨いています。
    夢が叶い卒業されていく方達の笑顔や、
    嬉しさのあまり泣きだされてしまった顔を見ていると、
    私も本当に嬉しく感じ、また、やる気が奮い立ちます。
    そしてその笑顔やうれし泣きの顔に支えられて、
    私たちは仕事を続けていくことができているのだなと感じています。


    さて、今年度から、当院の培養師は私を含め7人となり、
    日々の培養の仕事に加え、研究を行っていくための余裕が少しできました。
    個人の技術の練熟だけではなく、新たな技術を開発することで、
    少しでも皆様のお役にたてればと思います。

    培養 中山
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012