医療法人社団 煌の会 YSYC山下湘南夢クリニック

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 不妊治療費助成金指定医療機関 藤沢駅南口徒歩4分 TEL 0466-55-5011

スタッフブログ 山下湘南夢クリニック(YSYC)は、神奈川県藤沢市にある不妊治療を専門とする医療機関です。 そこで働く私たちスタッフが、日々感じた事や不妊治療に関する事を書いています。

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2021.08.20

    関東ではようやく晴日が見られるようになってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

     
    報告が遅くなってしまいましたが、7月に開催された日本受精着床学会で「短時間媒精における媒精時間と使用培養液の影響について」の内容で当院のデータ発表をしてきました。会場は神戸国際会議場でしたが、現地に赴かずZoom発表が可能でしたので、今回はZoomで参加させていただきました。

    当院では、ふりかけ法(C-IVF)で受精しなかった卵子を顕微授精(ICSI)により救済する「Rescue-ICSI」について、かなりの時間をかけて検討を重ねてきました。Rescue-ICSI成功のポイントは、施行までの「時間」です。C-IVF後にできるだけ早く不受精卵子を見極めることが重要ですが、精子侵入の有無を正確に判断するには時間を要します。しかしながら、判断に時間をかけすぎると、時間経過とともに卵子の質が低下してしまいます。ICSIに最適な時間は、(成熟卵子で得られた場合)採卵から4~5時間と言われています。これは当然Rescue-ICSIにも当てはまり、採卵から時間が経ちすぎてしまうと、Rescue-ICSIの効果が低くなってしまいます。無駄な時間をかけずに素早くRescue-ICSIをしたい一方で、C-IVFの時間を短縮してしまうと、C-IVFの受精率そのものが落ちてしまうという側面もあります。

    そこで、受精率を下げずにC-IVFを短時間で完了できる培養液について検討しました。添付資料にある培養液Bは、活性酸素除去効果がある抗酸化剤を豊富に含んでおり、受精現象に対する工夫が凝らされた製品です。培養液Bを使用することで、C-IVFの時間を6時間→3時間に短縮しても受精率が低下せず、さらに胚の成長にも影響しないことが分かりました。

    以上のことから、C-IVFの5時間後、つまり最初からICSIを選択した場合と同程度の時間でRescue-ICSIを施行する技術が確立しました。

     
    BLG2021.8.20用

     
    この内容について、Zoomを通じて発表させていただきました。

    会場からいくつか質問が来ましたが、残念ながら本検討のコンセプトが十分に伝わったとは言えないものでした。Zoom発表だと発表者の顔が見えず、スライドが淡々と流れているようにも見えますので、LIVE発表のように強調したいところがうまく伝わらなかったのかもしれません。説明資料や言い方などをZoom発表用に工夫しなければならないと思いました。

     
    7月初旬に開催された卵子学会では、プレゼンテーションスライドにナレーションを録音し、動画を再生する発表形式でした。Zoomよりも内容の伝え方が難しい条件でしたが、当院高度医療研究所の甲斐が学術奨励賞を受賞しておりました。動画の構成、データの示し方等、さすがだなぁと思いました。

     
    次回は11月に米子で生殖医学会が開催されます。オンサイト開催なのかはわからないですが、Web開催となった場合は発表資料をより工夫し、臨みたいと思います。

     
    培養室 河野
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2021.08.19

    今年も憂鬱な定期検診の時期がやってまいりました。自分は来月下旬なので今月からダイエット生活を開始しております。

    今日は仕事が休みなので、市内の温泉でくつろぎ(といっても入浴時間は短く15分程度)、その後併設されているマッサージ店で60分間全身もみほぐしをしてもらいました。毎回行く度に、担当の方に身体全体がかなり凝り固まっていると言われます。

    食事処では、誘惑に負けず低糖質メニュー(鳥皮ポン酢、水菜サラダ、〆鯖、オールフリー)に徹しました。ほんの3時間程ですが、良い気晴らしが出来ました。

    副院長 吉田

  • カテゴリー:YSYCの日常

    2021.08.18

    こんにちは。

    受付の宮崎です。

     
     
    先月のとある昼下がり、

    桃パフェを食べに「果実園リーベル目黒本店」へ行ってきました。

     
     
    果実園リーベルさん、最近藤沢駅前にも出来ましたよね。

     
     
    以前ここのいちごパフェを食べた際、とっても美味しくて感動したので

    「桃が出たら食べてみたいなぁ」と半年前から桃パフェが出るのを待ち望んでいました。

     
     
     
    結構な良いお値段がするので一瞬怯んでしまいましたが、

    食べたい願望には勝つことが出来ず、震えながら注文をしました。笑

     
     
     
    わくわくしながら待っていると…

     
     
     
     
    こんなパフェが登場しました。

     
    桃が丸々2個分入っています。

     
     
     
     
    (アクリル板にニヤニヤしている自分が写り込んでしまうので、この角度からの撮り方で失礼致します。笑)

     
     
     
    見えないと思いますが、グラスの底までぎっしりと桃が入っていて、掘っても掘っても桃、桃、桃。

     
     
    間にホイップクリームとバニラアイスが入っていますが、甘さ控えめで桃本来の味を邪魔していません。

    これはパフェというより「桃盛り」です。

     
     
     
    甘くてとてもジューシーな桃だったので、

    これは桃好きな方にはたまらない!と思いました。美味しかったです!

     
     
     
     
    (ここまで「桃」って何回言ったんでしょうね…笑)

     
     
     
     
    そしてこちらのフルーツサンドも頂きました。

     
     
     
     
     
     
    パンに挟まっているフルーツは季節によって変わります。

    見た目以上にたっぷりで、パンもふわふわだけどしっとり。

    私好みのとても美味しいサンドでした。

     
     
     
    たまには奮発して自分にご褒美してあげるのも良いですね。

    食べていてとても幸せな気持ちになりました(^-^)

     
     
     
     
     
     
     
     
    そしてつい先日終わったオリンピック。

     
    日本はメダルラッシュで素晴らしかったですね~!

    沢山楽しませてもらい、沢山の感動をもらいました。

     
     
    いくつも感動のドラマが繰り広げられてましたが、

    その中で私が一番グッときたシーンはやはり、サッカー日本代表の久保選手の涙です。

     
     
    ベスト4でも素晴らしい結果ですが、

    メダルに届かず悔しくてピッチに顔を埋めて泣きじゃくる姿には、

    思わずもらい泣きをしてしまいました。

     
     
    そしてそこに寄り添う仲間とメキシコの監督や選手達…

     
     
    スポーツに国境はないんだなと改めて実感したと共に、久保選手の頂点目指す本気度を実感しました。

     
     
     
    色々な思いを背負って戦っている姿は本当に勇敢でした。

     
     
    「今までサッカーをやってきて、こんなに悔しいことはない」

     
     
    そう久保選手は言っていましたが、その悔しさをバネに3年後のパリではぜひ歓喜の涙を流してほしいです。

     
     
     
    サッカー日本代表、ありがとう。
  • カテゴリー:YSYCの日常

    2021.08.13

    こんにちは。

     
    緊急事態宣言が出されても日々感染者数が増えていますね。

    私はしばらく家と仕事の往復しかしていませんが、同じような状況でも感染したと言う話を聞くと

    いつどこで誰が感染してもおかしくないのだと怖くなります。

     
    コロナ疲れや緊急事態宣言慣れと言われますが油断せずに手洗い、

    マスク着用などの基本的な感染対策をしっかりとおこなっていきたいと思います。

     
     
    先日近所に住む叔母が片付けをしていたら出てきたと私の子どものころの写真を持って来てくれました。

     
    写真を見て母と思い出話に花が咲きました。

     
    そういえば、夏のこの時期には毎年祖父母の家に遊びに行っていたね、

    などと話しているとどんどん当時の思い出が甦ってきました。

     
    いとこたちと集まって真っ黒に日焼けするまで遊んだこと。

    縁側でお昼寝するのがとても気持ち良かったこと。

    祖母にくっついて畑に行きお野菜やとうもろこしを取り、たくさん食べさせてもらったこと。

     
     
    そんな話をしていたら無性にとうもろこしが食べたくなりました^_^

     
     
    せっかくなら、夏のお祭り気分も味わおうと焼きとうもろこしを作ることにしました!

     
    今回は簡単に出来るのでフライパンで焼きました。

     
    美味しくできたのですが、グリルで焼いた方がより屋台感が出たかなと手間を惜しんだ事をちょっとだけ後悔しました。

     
     
     
     
     
     
     
     
     
    次はグリルで焼いてみます!

     
     
    久々に食べた焼きとうもろこしはやっぱり美味しく、またあのお祭りの雰囲気の中で食べたいなと思いました。

     
    来年の夏は制限なく出掛けたり楽しめるとよいですね。

     
    受付 八代
PAGETOP

医療法人社団 煌の会 山下湘南夢クリニック 院長:山下直樹
〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10 ウェルビーズ藤沢4F
TEL:0466-55-5011 FAX:0466-55-5012